Diary 2018. 8
メニューに戻る
8月6日 (月)  福岡暮らしも早や1年

福岡に来てから1年が過ぎた。日本に帰国してからは1年と3カ月になる。

しかし、時間的にも経済的にもあまり余裕がなく、例えば、日本国内の様々な情報なども、ネットのニュース等にざっと目を通すだけなので、得られる量はイスタンブールにいた時と殆ど変わっていない。

もちろん、トルコに関する情報の量は著しく減ってしまった。こちらも、ネットのニュース等にざっと目を通すだけである。

最近、トルコ関連のニュースでは、「米国がトルコの閣僚の米国内にある財産を凍結し、トルコも報復処置として、米国閣僚の財産を凍結」というのが日本でも報道されていた。

これは、トルコでも大きな話題になっているものの、当のトルコ人閣僚が米国内に相当な財産を保有しているという事実もなければ、米国閣僚もトルコには何ら財産を保有していないため、「芝居じみている」と評する声も聞かれる。

とはいえ、米国との関係に良くなる兆しが全く見えないのも確かに違いない。これからいったいどうなるのだろう?

20180806-1.jpg