Diary 2018. 6
メニューに戻る
6月3日 (日)  今日もスイミング

今日も、先週に引き続き、吉塚駅から東公園を過ぎたところにある市民体育館のプールで泳いできた。

まず1500m泳ぎ、その後はインターバルを入れながら500m泳いだ。合わせて2000mの勘定になる。次回は、同じ距離でも良いから、もう少し早く泳げるようにしたい。

10年ぐらい前と比べて、体力はそれほど落ちていないような気もする。これからも、泳ぐ練習を続けて、いつかボスポラス海峡横断水泳大会に出られたら嬉しい。


*写真:東公園(6月3日)

20180603-1.jpg



6月18日 (月)  福岡マスジド・アンヌールイスラム文化センター

昨日は、スイミングを休んで、箱崎駅の近くにあるモスクを訪れてみた。まだラマダンのイードの期間中だったので、トルコの人に出会う機会があるかもしれないと思ったからだ。

しかし、礼拝の時間ではなかったため、モスクは閑散としていて、インドネシアの留学生が数人来ているだけだった。

モスクの管理者と思しきガーナ人の方に伺ったところ、ここを訪れるトルコ人のムスリムは数えるほどしかいないそうである。そもそも、福岡市内にトルコ人の在留者はいくらもいないらしい。

ガーナ人の方は、民族衣装のような服を着ていた所為か、なんとなくサウジアラビア等のムスリムのように見えてしまったが、サウジアラビアに対しては少し批判的とも思える見解を明らかにしていた。

「イスラムは国の宗教ではありません」と言い、様々な異教徒の人たちと共存できる宗教だと論じながら、「ムスリムだけで成り立っている国はサウジアラビアぐらいでしょう」と指摘したのである。

トルコで、「宗教は個人の問題」という認識は、いよいよ一般的になってきたように感じていたけれど、ガーナ人の方からも「国の宗教ではない」という見解を聞いて、ちょっと新鮮に思えた。

20180618-1.jpg 20180618-2.jpg 20180618-3.jpg



6月19日 (火)  親米左派?

(6月18日)

トルコ軍による北イラクへの越境作戦は、日本でも報じられている。これはPKKの基地を攻撃する作戦であり、PKKのシリアにおける組織と言われるPYD〜YPGをあからさまに支援している米国の反応も注目されているようだ。

PKKはもともと左派革命の組織として始まったはずなのに、いつのまにか米国の支援を受ける親米組織になってしまったらしい。これは、PKKに従属しながら、トルコで政治活動を続けているHDPも同様である。

一説では、PKKの内部で90年代以降、親米派が台頭して徐々に左派を追い落としていったのではないかと論じられている。99年に指導者のオジャランがトルコ政府に引き渡されたのも、その経過の一つだったそうである。

一方、一週間後に迫ったトルコの選挙で、反エルドアンのCHPは、なにがなんでも選挙に勝たなければならないということなのか、HDPとも協力関係を築いて、PKKを擁護するかのような発言まで躊躇わなくなっている。こちらも親米左派的な状況になっているようだ。

しかし、大統領選挙で、保守3党が支持するエルドアン氏が勝利するのはほぼ間違いないと思われるものの、万が一、CHPのインジェ候補が勝ったとして、その後の展開はどうなるだろう?

まさか、HDPとの共同路線をそのまま続けるとは想像もできないが、そうなった場合、PKKと対峙している軍部が黙っていないような気もする。まあ、インジェ候補が勝つ可能性は殆どないため、今から心配する必要はないかもしれないが・・。


*写真:日曜日に箱崎のモスクへ行ったので、近くの九州大学箱崎キャンパスにも寄ってみた。ここは近々移転が完了して、大学のキャンパスとしての歴史には幕が下ろされるという。

20180619-1.jpg 20180619-2.jpg 20180619-3.jpg