Diary 2011. 11
メニューに戻る
11月8日 (火)  犠牲祭

3月1日 (火) エルシンの婚約式
http://www.neo-pro.jp/makoto/tayori/diary/diary.cgi?mode=read&y=2011&m=3

日曜日から犠牲祭が始まりました。上記のエルシンの家族は、この数年、犠牲祭になると、黒海沿岸のシレ辺りまで出かけて生贄を切って来ます。イスタンブール市内では、指定された屋内の施設でなければ屠殺が認められなくなったからです。

土曜日に家族のマルマラ・ゲスト・ハウスへ寄ったら、「明日、シレまで行かないか?」と誘ってくれたけれど、日曜日は他に用事もあったので御一緒できず、昨日またお邪魔したところ、生贄のお裾分けをたくさん頂いてしまいました。

犠牲祭は、屠殺に立ち会ってこそ意味があるわけだから、切られた牛の肉だけ頂くのはいけないかもしれませんが、有難く頂戴して無駄なく食べることにします。

それで、今日は朝から肉です。薄く切って、生姜とニンニクを下していれた醤油ダレに漬け込み、フライパンで焼いて食べました。なかなか上出来だったと思います。残りの肉は、角切りにして煮込んで、ビーフカレーにします。

20111108-1.jpg 20111108-2.jpg 20111108-3.jpg



11月13日 (日)  ラフマージュンとバクラヴァ

Gaziantepli Cavusoglu
http://gazianteplicavusoglu.com/
http://www.turkiyevedunyadanlezzetler.com/2009/10/gaziantepli-cavusoglu.html

カトゥメルというお菓子が美味しかった上記の店で、昨日はラフマージュンとバクラヴァを味わってきました。いずれも特筆に値する美味しさだったと自信を持って申し上げられます。

ラフマージュンは、トルコ風あるいは中東風のピッツァなどと紹介されたりするけれど、起源はこちらのほうが古いかもしれません。それで、ウィキペディア等で「ピザの歴史」といった項目を調べてみましたが、ラフマージュンに言及している箇所は見つからず、とても残念。

“ナポリのピッツァ”とか、イタリアは何でもブランド化させるのが巧みなようです。オリーブオイルなどもイタリアのブランドが有名になっているけれど、イタリアはトルコから相当量のオリーブオイルを輸入していると聞きました。トルコのオリーブオイルも極めて質が高いということでしょう。

私は、いつしかトルコのラフマージュンが世界的なブランドとなる日を夢見ています。

20111113-1.jpg 20111113-2.jpg



11月14日 (月)  デヴェリのジュヴクルク

この前、カイセリ県に出かけた折、エルジエス山(3916m)の山麓にあるデヴェリという町の近くで御馳走になったのが、写真のジュヴクルク。ピタパンに似たピデというパン生地の上に肉の細切れを載せて焼いたもので、エトゥリ・ピデ(肉入りのピデ)とも言われ、デヴェリの名物だそうです。レストランのテラスからは、エルジエス山の威容も望めました。

イスタンブールの我が家の近くには、エルジエスという名のスーパーマーケットがあります。経営者はカイセリ県の人かもしれません。従業員にはデヴェリ出身の青年もいて、彼にこのジュヴクルクの写真を見せてあげたら、「写真だけ見せないで下さい。食べたくなってしまうじゃありませんか」と如何にも恨めしそうでした。

20111114-1.jpg 20111114-2.jpg 20111114-3.jpg



11月20日 (日)  結婚式

昨日、2009年の夏にボズジャ島で知り合ったムスタファさんの結婚式に呼ばれて来ました。

式は、結婚認定所といったような公的機関で行われるもので、トルコでは、これがなければ法律上の結婚として認められません。

結婚認定所は各市町村区にあって、市や区の結婚認定官が二人の証人の前で新郎新婦から宣誓と署名を受け、認定証を手渡して終了します。時間にして、ものの5分か10分じゃないでしょうか。認定官は、市長や区長の名において式を執り行い、場合によっては、市長や区長が直々に認定官となって、式の前にスピーチを披露したりするから、その時は5分や10分じゃ終わらないようです。

この式に前後して、イスラム教の導師から結婚を認めてもらう儀式に臨むカップルもいるけれど、こちらは見たことがないので良く解りません。

こういった認定式の後、大概は披露宴を設けたりしますが、ムスタファさんの結婚式では、イスラム教の儀式も披露宴もありませんでした。ベシクタシュ区の結婚認定所で式があり、認定官と新郎新婦が登壇してから、やはり5分〜10分で式は終了しました。

20111120-1.jpg 20111120-2.jpg 20111120-3.jpg