【236】トルコは危険な領域に入った【ラディカル紙】【2010.06.16】

6月16日付けのラディカル紙より、ハールク・シャーヒン氏の記事を訳して見ました。

****

トルコの外交で何かが大きく変わったのではないかという認識は、国の内外で多くの人たちに受け入れられている。ある人は“軸がずれた”と言い、ある人は“方向性が変わった”と言う。

ギュル大統領、エルドアン首相、そして閣僚たちは、この“軸がずれた”という議論が気に入らないようだ。こういった考えを主張する者たちを、悪意があるとか、他国の手下であるとか言って非難している。彼らを支持しているジャーナリストたちも、もちろんこれに同調している。

これは非常に恥ずかしい、一種の思想狩りである。

ああいった人たちには、この悪癖がこびりついてしまっているのだろう。ある考えに、他の考えで対抗するのではなく、直ぐに泥を塗り、レッテルを貼ろうとする(“エルゲネコン派”“クーデター支持者”、最近は“イスラエルのシンパ”)。これはそもそも思考の弱さを示している。

以前、彼らは余りこういうことをしなかった。何故なら、彼らの考えは上昇傾向にあり、自信を持っていたからだ。つまり、今はそれほどでもないのだろう。

しかし、“軸がずれた”という議題で、最後に話さなければならないのは、この政策の立案者に違いない。何と言うだろうか? それは社会学者たちが“イデオロギーのトリック”とか“盲点”と言い表している点にある。

おそらく、自分たちの主観的な目的と、その行為による客観的な結果の間にある相違が見えていないのだろう。歴史には、このような人たちが沢山現れた。カール・マルクスからカール・マンハイムに至るまで、多くの人が、この勘違いの上に数多の論説を書いたのである。

けれども、我々の詩人ハヤーリ(訳注:16世紀の詩人)ほど巧く説き明かした者はいない。「魚は海の中にいるから海を知らない」。

マクルーハンも、人間が自分の置かれた状況を評価することは難しいと言い、やはり海の魚を例にあげて、「魚は岸に打ち上げられてから、初めて水の存在を理解する」と説明した。

トルコは、残念ながら、岸に打ち上げられる寸前の状態だ。

外交は、理性、冷静さ、プラグマティックといったラインから外れ、イデオロギー、感情、さらには宗教的なラインに移行する兆候を見せている。

エルドアン首相とダウトオール外相は、その談話(いずれも公的な重さがありトルコを代表する)で、ガザ救援物資輸送船で殺害された9人のトルコ国民に対し、“シャヒード(殉教者/殉職者)”という言葉を用いた。

ところが、首相と外相は、ガザ救援物資輸送船が国の任務を遂行していたわけではなく、あくまでも民間の主導によって航海に出たと言明している。その場合、この9人に、国家の名において“シャヒード(殉教者/殉職者)”という言葉を用いるのは、政教分離の原則に合わないだろう。これは変化の兆候と言える。

誤解がないように言っておくが、イスラエルが公海上で犯した殺害により犠牲となった人たちを、IHH(人道支援基金)や遺族の方たち、あるいはメディアが“シャヒード(殉教者/殉職者)”と言い表し、それに基づいた儀礼を行うのは、ごく自然な成り行きである。彼らはその信仰によって語っているのだ。

国家が“シャヒード(殉教者/殉職者)”を認めるのは、客観的に一定の任務に限られている。公務を遂行している軍人、外交官、教員等々である。信仰のために亡くなったものの、国家の任務を請け負っていなかった人たちへ、国家の代表者が“シャヒード(殉教者/殉職者)”という言葉を用いたならば、その時点で一線を越えてしまい、信仰と政治が混交される。

この混交がどのくらい危険なのか理解する為には、中東の50年史を振り返ってみるだけで充分だろう。この混交は、戦争をもたらし、流血を呼び、国家を転覆させた。

イランが、封鎖を解くため、イスラエルへ送ろうとした船団には、“シャヒード(殉教者/殉職者)”の志願者が10万人を越したそうだ。神政国家であるイランは、必要とあらば、彼らの殉教の精神を公式に祝福するだろう。あの国では、信仰と政治が一緒になっているからだ。

しかし、ここは政教分離のトルコである。少なくとも最近まではそうだった!

如何なる領域に入ったのか、如何なる危険に直面しているのか説明するために、政府も“シャヒード(殉教者/殉職者)”と宣言した17歳の高校生フルカン・ドアン君が、イスラエルの攻撃を受けた朝、日記に書いた最後の言葉を考えてもらいたいと思う。

「殉教の安らぎが近づいています。これ以上美しいことがあるでしょうか? あるとしたら、お母さんだけです。でも、これには私も確信が持てません。この二つを比較するのはとても難しい」。

****

原文
http://www.radikal.com.tr/Default.aspx?aType=RadikalYazarYazisi&ArticleID=1002824&Yazar=HALUK ?AH?N&Date=16.06.2010&CategoryID=98

▲トップページ
▲前の記事
▲次の記事
▲トルコの新聞記事INDEX